No Picture

会場マップを公開します

2017年10月18日 feedcollect 0

川口暮らふと開催まで、あと2週間となりました。会場マップが完成しましたので、お知らせいたします。こちらの会場マップは、当日本部・案内などでもお配りしています。また、出店を予定しておりましたK’s BAKERYさんが諸事情により参加が難しくなったため、残念ながら今回は出店がキャンセルとなりました。出店を楽しみにされていたみなさまには誠に申し訳ありません。当日は爽やかな秋空のもと、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。…

No Picture

出店者紹介「古川 真紀子」

2017年10月18日 feedcollect 0

作家からのメッセージ元々、住宅などの設計の仕事をしていましたが、いろいろな機会に恵まれ陶芸を始めました。 今は縁あって桐生へ移住し製作の日々を送っています。作品によって、ロクロやタタラ作り、手びねりなどの技法で成形し、20種類ほどの釉薬を筆で塗り分けることで文様をつけています。毎日毎日食卓で使ううつわ。毎日使うモノだからこそ食卓を華やかにしたり、楽しい気持ちになっていただければうれしいなぁと思って制作しています。どうぞよろしくお願いいたします。https://www.instagram.com/fu…

No Picture

出店者紹介「citron_studio」

2017年10月18日 feedcollect 0

作家からのメッセージ糸の素は手紡ぎ毛糸の素材です。これまで手紡ぎをするには、ハンドカーダーなどの道具を使い、羊毛の毛束をローラッグと呼ぶ状態にするなど準備が必要でした。糸の素は、その工程をすることなくすぐに紡げるように、羊毛をロール状に巻いてパックしました。1本の中にいろいろな色を混ぜ合わせていますので、市販の糸にはない色合い、風合いを楽しめます。まずは皆さまに、手紡ぎの楽しさを知っていただきたいとの思いから作った商品です。手紡ぎ毛糸は糸の素を紡ぎました。www.facebook.com/citro…

No Picture

芝川マリーナ体験クルージング

2017年10月17日 川口 DAY&NIGHT 0

芝川マリーナ体験クルージング モーターボートでマリーナから荒川の岩淵水門までの約1時間のリバークルージングに出かけませんか。隅田川との分岐点に位置し歴史的建造物に指定されている岩淵水門をはじめ川から見渡す景色はアッと驚くほど感動的です。 [クルージングエリア]岩淵水門周辺 各回約1時間のクルージング [出港時間]第1回9:00、第2回10:15、第3回11:30 第4回12:45、第5回14:00、第6回15:15 【申込方法】郵便番号、住所、代表者氏名(ふりがな)、連絡先電話番号と人数(大人子供各人数)、乗船希望日、希望出港時間(第3希望まで)を記載して申込期限までにはがきで申し込む。 (小学生まで保護者同伴、3歳以下不可) 【開催日】2017年11月11日(土) 【集合場所】芝川マリーナクラブハウス2F(川口市弥平3-12-8)  【定員】埼玉県在住の方 (…)

No Picture

日曜「朝風呂」続行!『喜楽湯』

2017年10月17日 川口 DAY&NIGHT 0

日曜「朝風呂」続行!『喜楽湯』 急に秋っぽく涼しくなりましたね。銭湯に行きたくなる季節です。 9月に多くの方にお越しいただいた朝風呂「祝湯」。10月も継続して朝風呂を実施します!!日曜の朝8:00〜12:00沸かします! 【10月14日(土)】キャットム&キラキラフリマ(17:00 〜 22:00) 【10月21日(土)】番頭一押し濁り湯 【10月26日(木)】26日(風呂の日)くじ引き! 【10月28日(土)〜31日(火)】喜楽湯ハロウィーン

お女郎縁起考その8

2017年10月17日 feedcollect 0

過去の記事連載!お女郎縁起考(当会ホームページより)http://araijuku2011.jp/%e9%80%a3%e8%bc%89%ef%bc%81%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%e8%80%83/お女郎はどこから来たか? 長々とお女郎の死因について考察してきましたが、おおよそ「暴風雨による遭難死(凍死)」と考えてよいと思います。それにこだわってきたのは、死因が何かでお女郎がどこから来たのかが絞られてくるからです。なぜかというと、他殺や…

情報10月16日更新

2017年10月17日 feedcollect 0

配信元 : NPO法人 日本水フォーラム   1 宍道湖岸 水に親しむ 松江でミズベリング縁日始まる(山陰中央新報2017年10月8日(日)) 2 千曲川にサケ、今季は早め 飯山と野沢温泉の境で初確認(信濃毎日 […]